食器買い取り福ちゃん

 

fukutyan

 

 

ラスター公式サイトへ

 

大丈夫

 

 

取り扱いブランド1

取り扱いブランド2

 

 

ご自宅にはどれくらい使っていない食器が眠っていますか。

 

引き出物で高価な食器を頂いてもなかなか使う機会がやってこないものですよね。
金や古銭なら、価値が出たりするものもあるでしょうが、食器となるとなかなかそうもいきませんよね。
結局ずうっと箱に入ったまま忘れ去られ、バザーがあるときなどに出品してしまうなんてことも。
もったいない話ですね。

 

 

付き合いが多くなればそんな引き出物は増える一方です。

 

 

そんな食器たちを有効に処分、いえ、いただいた方の思いを考えれば処分という言い方は好ましくありませんね。
[再利用]できればいいと思いませんか。

 

食器にこだわる人は世の中に沢山います。
そんな人達の手にわたって食器たちが陽の目を見ることができればそれに越した事はありませんよね。
しかも買い取ってもらって何がしかの現金に変えることができたら。

 

 

そんな要望にピッタリの食器買い取り先があるのです。

 

 

食器の高額買い取り・福ちゃんです。

 

 



 

 

 

さて買い取ってもらえるとして、その一連の流れはどんなものなのでしょう。

 

 

 

  • セット品のカップ&ソーサーで1客揃ってないけど大丈夫だろうか

 

 

そんな疑問も感じていらっしゃることと思います。

 

 

「どんな食器でも高く買取る自信があります!」というのが食器買い取り福ちゃんのキャッチコピーです。

 

 

いろいろなグッズの買い取りでは、買ってもらいたい商品をこちらで梱包して送り、
見積りを出してもらうという形を取っているところが多いです。
食器の場合だと、割れてしまうこともあるし、割れないように梱包する手間もかかります。
送ったはいいが、金額が折り合わずに返送ということになると、時間と労力の無駄ということになってしまいます。

 

 

 

食器買い取り・福ちゃんの場合はそんな心配はいりません。

 

無料出張査定を利用すればいいからです。

 

電話オペレーターによる聞き取り売りたい食器の種類と枚数を伝える希望の日時に無料出張査定その場で現金買取り

 

梱包から運び出しまで食器買い取り・福ちゃんのスタッフがすべて無料で執り行います。

 

 

 

使用している食器やガラス製品、和食器も応相談。

 

高価買い取りのポイントをあげておきます。

 

未使用品で専用の箱入り

セット品で欠けがないもの

新作や人気のあるモデル

 

1点よりも数点まとめての買い取り以来の方が査定額は高くなります。

 

 

出張査定当日

 

 

玄関先で査定します。

 

プライバシー保護のため社名入りの車での訪問はありません。

 

査定額に納得がいったら成約です。

 

その場で即現金での支払いとなります。

 

 

食器買い取り福ちゃんに電話をして、日時を決めあとは待つだけ。
時間を取らない査定で、即日現金化。
成約しなくても一切費用はかかりません。

 

ご家庭に使っていない食器が眠っていたら、まずは食器買い取り福ちゃんにコンタクトを取ってみてはいかがでしょうか。

 

食器買い取り福ちゃんんの無料査定・問い合わせフォームは以下のようなものです。

 

 

よくある質問

 

よくある質問です

 

 

福ちゃんレビュー

 

 

何故この値段になるのか。相場はどうなっているのか。

 

食器買い取り福ちゃん公式

 

 

 

当サイトをご覧になって、食器買い取り福ちゃんに一刻も早くコンタクトを取ろう。
そう思った方もいらっしゃるかと思います。

 

でもその前に、今お持ちの食器が、どんなブランドのもので、
世間ではどんな評価を得ているものなのかを知っておいて損はないと思います。
鑑定団に鑑定を依頼する気分をちょっとでも味わえるのではないでしょうか。

 

マイセンとは

 

白磁の最高峰のブランドとして洋食器界に君臨しているのがドイツのマイセンです。
マイセンの魅力は、白磁の美しさです。
透明感あふれる輝くような白さは他の食器ブランドには見ることが出来ないものです。

 

18世紀初頭、東洋の磁器に強いあこがれを抱いていたポーランドの王、フリードリヒ・アウグストにより、
ヨーロッパで初めて白磁を生産する釜が作られました。それがマイセン窯です。
マイセンは、東洋の磁器を模写することから始まったため、
現在でも有名なブルーオニオン(ザクロ)やシワノズリ(東洋趣味)などが作られました。

 

その後、風景画、ドイツの花の絵、フェメールなど有名絵画の模写といったマイセン独自の世界観を
表現した絵付けにより、ヨーロッパを代表する名窯の地位を確立していきました。
熟練の絵師による手作業での絵付けが加わることで磁器の器から芸術へと昇華され、
今日に至っても根強いファンを世界中に抱えているブランドです。

 

器械工具25

マイセン2

 

マイセン買い取り実績例

 

マイセン買取実績

 

 

ウェッジウッド

 

ウェッジウッド(wedgwood)は1759年、ジョサイア・ウェッジウッドによって設立されたイギリスを代表する陶磁器メーカーです。
ジョサイアは若い頃より製陶技術に勤しみ、彼が1765年に開発したクリーム色の陶器は『クイーンズウェア(女王の陶器)』と称され、
ウェッジウッドの代表作となっています。

 

また、1774年にはジャスパーウェアを開発。
ジャスパーはウェッジウッドの主力商品として、現在に至っても未だにその人気は衰えることなく生産が続いています。

 

その後も食器ブランドのトップシェアを争ってきたウェッジウッドですが、1986年にウォーターフォードクリスタル社と合併、
2009年にはKPSキャピタルパートナーズを親会社とするWWRD社の傘下になりました。

 

WWRDはウォーターフォード・ウェッジウッド・ロイヤルドルトン社の略称で、
他にもミントン・ロイヤルクラウンダービー・ロイヤルアルバートなどを傘下に収める、世界最大のトップ食器ブランドへとなりました。

 

 

ウェッジウッド

 

ウェッジウッド買取実績例

 

マイセン買取実績

 

ティファニー

 

 

ティファニー(Tiffany)は1837年アメリカ,ニューヨークで創業、王室御用達の宝飾品ブランドです。
一般的にティファニーと言えばアクセサリーと思われがちですがテーブルウェアも人気があり、
シンプルかつ高級感がある食器やキュートでポップなデザインの中に上品さがある食器などが、幅広い層に支持をうけています。

 

またアメリカにおいては、ウィルソン大統領が就任した1918年の時代からホワイトハウスの食器デザインを手掛けるなど、
公的に使用される事からもその完成度の高さがうかがえます。

 

その洗練されたシェイプとティファニーを象徴するカラー「ティファニーブルー」が印象的で、
定番の「ブルーボックス」や「5THアベニュー」、「ダンシングT」「ノーツ」「ピンクチューリップなどの」シリーズは、
ブライダルギフトとしても広く愛されています。
特に「ブルーボックス」はサムシングブルーの言い伝えもあいまって、定番アイテムの一つとして人気を博しています。

 

 

ティファニー

 

セーブル

 

 

セーブルは1738年、当時の国王であるルイ15世が、バンセンヌ宮殿に磁器工場を作ったのが始まりのきっかけと云われています。
1756年にはルイ15世の寵愛を受けたポンパドール夫人の提案により、
王立御用達であるヴァンセンヌ窯がベルサイユ宮殿近くのセーブルに移されました。

 

1759年にはフランス王立セーブル製陶所となり、国窯としてフランスの文化と美を伝える完成度の高い、
芸術的な陶磁器を生み出し続けるセーブルの歴史はここから始まります。

 

セーブルの使命である「最高の作品を作り出す」ため、現在でも年間生産量は約6000ピースと限定されるうえ、
そのほとんどがフランス国家のために作られ一般顧客への流通が閉ざされています。
「幻の陶磁器」とも呼ばれる所以です
。「王者の青」や「ローズポンパドール」など数千種類の色が開発されていますが、
セーブル代表カラーは、やはりブルーに集約されます。
流通量が非常に少ないためセーブルの食器は希少性が高く、高価なアイテムとなっています。

 

セーブル

 

食器買い取り福ちゃん公式サイトへ

 

 

 

エルメス

 

 

エルメス(HERMES)といえば、フランスのパリで1837年で創業された、世界中の女性の憧れであるトップブランドです。
現在ではバッグや財布、時計・香水・服飾など様々なアイテムを展開していますが、元々は馬具工房から発展したって知っていましたか。

 

食器を手がけたのは1984年からと食器の歴史は浅いですが、品質の高さや洗練されたデザインで多くのファンを獲得しています。
1984年はエルメスの象徴ともいえるバーキンが誕生したの年でもあります。
食器の人気のシリーズでは、彩り鮮やかなガダルキヴィール、アクセサリーをモチーフにしたシェーヌダンクル、
エレガンスなモザイク,ヴァンキャトルなどがあり、プレートやカップ・グラス・マグカップなどの充実したラインナップは
、総合的なテーブルウェアブランドとしても認知されてきています。
エルメスの食器はブランドイメージの割りには比較的安価で購入できる為、
日本では贈り物としても人気となっているアイテムです。

 

エルメス1

エルメス2

 

ロイヤルコペンハーゲン

 

ロイヤルコペンハーゲン(royalcopenhagen)は1775年、デンマークで設立されたヨーロッパでも深い歴史のある陶磁器メーカーの一つです。
設立4年後の1779年には民間企業だったロイヤルコペンハーゲンの株を王室が買い占めることで、王立デンマーク陶器製陶所となります。

 

1868年には経営を民間企業に委ねることとなりますが、王室御用達の名窯としてその後も続いていきます。
白磁に描かれる美しいブルーのハンドペイントが特徴で、作品には白と青のコントラストで作られるものが多く含まれます。

 

初期の製品は日本の古伊万里の染付に強い影響を受けた事もあり、
唐草模様のパターンで作られたブルーフルーテッドは、1868年から制作されているロイヤルコペンハーゲンを代表するロングセラーシリーズ。

 

他にも有名なシリーズとして、世界で一番豪華なディナーセットと謳われるフローラダニカ等があり、
そのオリジナルはデンマークの国宝として城に展示されているほどの作品です。

 

 

ロイヤルコペンハーゲン1

 

ロイヤルコペンハーゲン買取実績例

 

ロイヤルコペンハーゲン買取実績

 

 

ヘレンド

 

 

ヘレンド(herend)の創業は1826年。その歴史はハンガリーにあるヘレンド村から始まります。
シュティングル・ヴィンツェ・フェレンツによって設立されたヘレンドは、事業を引き継いだモーリッツ・フィッシャーによりその名声が世に知ら占められる事になりました。

 

ヘレンドの歴史において特に重要な転換期として1851年のイギリスロンドン万国博覧会があります。
そこで発表された食器がヴィクトリア女王の目に留まり、その後クイーンヴィクトリアシリーズとして大流行を巻き起こします。
その後もヘレンドは各地の万国博覧会に参加し、数多くの賞を受賞。各国の皇室など有名人を顧客とするなど、
一流食器ブランドの仲間入りをはたす事となります。
現在においてもヘレンドは創業当時から脈々と受け継がれる匠の技術で、ハンドペイントの食器を作り続けており、
そのエレガントで洗練されたシェイプやデザインから作られる食器は、ヨーロッパのみならず世界中の人々が憧れる物になっています。

 

ヘレンド1

 

ヘレンド買取実績例

 

ヘレンド買取実績

 

 

エインズレイ

 

エインズレイ(Aynsley)は1775年にイギリスで創業された英国王室御用達の名窯です。
白磁のブームを読み創業した初代をはじめ、ティーセットに着目して大成功を収めた2代目、
3代目はファインボーンチャイナを取り入れるなど、代々の素晴らしい経営手腕によりエインズレイの人気は不動のものとなりました。

 

その高度な技術と伝統を守る姿勢はヴィクトリア女王やエリザベス2世の他、
王侯貴族に愛される、英国を代表する食器ブランドです。
数あるエインズレイのシリーズの中でも特に人気が高い『エリザベスローズ』は、1801年に英国国王の命で作られたもの。

 

エリザベス女王の愛したバラをモチーフにデザインされたこの食器は、当時商品化はされませんでした。
しかし2003年のエリザベス2世即位50周年の際に、当時のデザインを復元して製品化されました。
食器の他、エインズレイは陶花でも知られています。
色彩豊かな陶花の完成度は素晴らしく、英国王室の晩餐会などでも愛用されています。

 

エインズレイ1

 

 

ロイヤルドルトン

 

 

イギリス最大級の陶磁器ブランド、ロイヤルドルトン(Royal Doulton)。
1815年ロンドンのランべスにジョン・ドルトンが創業したのが始まりで、当時はb器(ストーンウェア)を作る企業でした。
2代目ヘンリー・ドルトンに代替わりするとともに大きく注目されていきます。

 

1877年ロンドンでの事業の波に乗り、バースレムに窯を移動しボーンチャイナを導入します。
ロイヤルドルトンらしい芸術的な作品を世に出していき、1887年、ヴィクトリア女王に陶磁器初の「ナイト」の称号を与えられます。
次いで、1901年には、エドワード7世から「ロイヤル」の称号を与えられ、陶磁器ブランドとして世界中から注目されることになります。

 

現在は「ミントン」「ロイヤルアルバート」やイギリス陶磁器最高の称号を与えられた「ロイヤルクラウンダービー」をも傘下に収めています。
世界最大級の陶磁器ブランドとして人気を集めています。

 

ロイヤルドルトン1

 

 

 

食器買い取り福ちゃん公式サイトへ

 

 

 

バカラ

 

 

1764年、ルイ15世の許可を受けモンモランシー・ラバルがフランスのロレーヌ地方にあるバカラ村にガラス工場を設立しました。
現在クリスタルのラグジュアリーブランドとしてトップシェアを誇るバカラ(baccarat)の起こりです。

 

設立当初は鏡や窓ガラスなどを中心に生産していましたが、
1816年から後のバカラの代名詞となるクリスタルガラスの製造が開始されました。

 

1825年にバカラの代名詞と呼べるアルクール、1855年にはエッチング工法を駆使したローハン、
1933年には透明感を追求したかのようなシンプルなデザインのパーフェクションなど、
現在までロングヒットしている人気シリーズを続々と生み出していきます。

 

その世界的な人気の理由として、品質基準の高さがあげられます。
バカラで作られた製品のうち3〜4割は破棄されると言われています。
その品質への強いこだわりにより、世界中の高級レストランや一流ホテル、
果ては王室や皇室でまで使用されるほどになっています。

 

バカラ

 

バカラ買取実績例

 

バカラ買取実績

 

 

リヤドロ

 

リヤドロ(Lladro)は1950年代にスペインのバレンシアでリヤドロ3兄弟が創業した
高級ポーセリン(陶器)人形のブランドです。
フィギュリン(陶器人形)はすべて熟練の職人による手作りで、
豊かな表情や精細な造形美はまさに芸術作品と呼べる美しさを持っていますです。
中でも花はその表現される繊細な美しさにより、リヤドロの代名詞と呼ばれています。
1968年には、リヤドロの姉妹ブランド『NAO』もオープンします。
リヤドロと比べると比較的シンプルなデザインでリーズナブルに仕上がっていますが、
製造にはリヤドロと同じ職人や工場が使われており、より大衆向けに広く親しまれる事になりました。
日本でも、1986年に三井物産と共同で物産リヤドロ株式会社(後のリヤドロジャパン)が設立されています。
2016年現在、2000人を超える人がポーセリンシティで働いていて、
デザイナーや彫刻家といった熟練の職人の手により、芸術的なフィギュリンが手作業で作られています。

 

 

リヤドロ

 

クリストフル

 

クリストフル(Christofle)は、1830年にフランスで創業されたフランス王室御用達のシルバーウェアブランドです。
当時銀食器は王侯貴族のみが使用する非常に高価なものでした。
しかしクリストフルの創始者であるシャルル・クリストフルは、シルバーコーティングをカトラリーに施すことで
上流階級以外の人々にも手の届く身近なものに変えていきました。

 

その結果、クリストフルの評判は瞬く間に広がり、クリストフルのシルバーコーティングカトラリーは
それまでの木製カトラリーにとって代かのように急速に広まる事になります。
世界最高峰のカトラリーは有名レストランでも使われることが多く、銀製品のカトラリーといえばクリストフルと言われるほどです。

 

モダンかつスタイリッシュなクリストフルのカトラリーは創業から180年以上経った今でも世界中で愛され続けています。
近年ではブックマーカーやフォトフレームといったカトラリー以外の製品も作られています。

 

クリストフル

 

 

リチャードジノリ

 

 

リチャードジノリ(RichardGinori)は1735年イタリアはフィレンツェの近郊、ドッチァにてジノリ窯として創業。
「トスカーナの白い肌」と絶賛された白磁は美しく、創業初期に作られた「ベッキオホワイト」や
「イタリアンフルーツ」はリチャードジノリを代表する定番ロングセラーシリーズです。

 

その伝統は長くまさにイタリアを代表する一流食器ブランドです。
1896年にジノリ窯はリチャード陶磁器会社と合併、現在のリチャードジノリが生まれます。
20世紀前半のアールデコ時代には、博覧会で金賞に輝くなどリチャードジノリの名が飛躍的に広まり、
1956年にはイタリア陶磁器株式会社と合併する事で、イタリアで最大の食器メーカーとなりました。
その後、2013年に経営難で一度破産となりますが、同じイタリアのファッションブランドであるグッチがリチャードジノリを買収する事で、
経営の再建へと進みだしました。

 

リチャードジノリ

 

 

食器買い取り福ちゃん公式サイトへ

 

 

アウガルテン

 

1718年オーストリアのウィーン。
ハプスブルグ家の王宮職だったクラウディウス・インノセンティウス・デュ・パキエによって
ウィーン磁器工房として創設されたのが、アウガルテンの始まりです。
創設後財政危機に陥るも女帝マリアテレジアの支援を受けるとともに王宮に管理され、
その後女帝マリアテレジアの命により皇室直属の磁器窯となります。

 

このことから今でも人気の高いシンプルなグリーンに金彩をほどこした「マリアテレジア」シリーズは、
女帝に敬意を表して名付けられたとされています。

 

アウガルテンの特徴はしなやかで薄く繊細、透き通るような白磁です。。
マイセンには及ばないものの、高価格に見合うだけのクオリティで購入者の満足度も高く、
洋食器の中でもハイブランドに位置付けされています。

 

2018年で創立300年を迎えるにあたり、徐々に人気も伸ばしてきています。
300年近い歴史を持ちながらも、製造される製品は熟練の職人の繊細な技術によるすべて手作りでできています。

 

大量生産はできない反面、とても質のいい磁器製品として人気です。
また、他の洋食器ブランドに比べて金彩が落ちづらいことでも有名です。

 

 

 

 

いただきものの食器を売りたい。

 

引っ越しを機に食器の整理をしたい。

 

不要な食器を売りたい。

 

食器棚の整理がしたい。

 

 

初めての買い取り10%アップ+2点以上で10%アップで最大20%アップの食器買い取りはこちらから

 

 

食器買い取り福ちゃんは食器の他に

 

ブランド時計、切手、宝石、金・貴金属、古着・洋服、毛皮、お酒の買い取りも行っています。